こんにちは!大分市羽屋ピュア整骨院です。

 

本日はむち打ちの起こり方についてお話しいたします。

 

正式名は「外傷性頸部症候群」、あるいは「頸部捻挫」という診断名になります。

衝突の時、首が前後にムチのようにしなることからそう呼ばれるようになりました。

以前は、「むちひも」と呼ばれていました。

乗馬で馬の尻にムチを当てると馬が驚いて前に飛び出し、そのとき、頭が後ろに放り出されてその後、首の痛みが続くということから由来しています。

『むちうち症の起こり方』

大きく分けて、正面衝突、側面衝突、追突によるものがあります。

頚の可動域には、屈曲、伸展共に60°です。

その可動域を超えてそれ以上に伸展、屈曲した場合に頚椎周囲の軟部組織の損傷が症状に表れます。

その中で、最も起こりやすいのは「追突」によるもので、全体の90%を占めると言われています。

正面衝突の場合は、頚を前に強く曲げられ(屈曲)その後伸展することや、一般的に瞬 間に危険を察知する場合が多いので、頚の筋肉が緊張し、可動域を守るため比較的軽度で済む場合が多いで。

(事故の衝撃の度合による)追突の場合は、まず後ろへ強く伸展し、その次に屈曲することや全く 危険を察知していないことが多く、筋肉で守ることが難しいため、軟部組織に過大な力が加わり、損傷が起こりやすくなります。

側面衝突の場合は、衝突を受けた側に強く側屈し次に反対側に動きます。

角度によって複雑で多彩な損傷を受けます。

特に重度になると引き抜き損傷と言って、脊髄神経が引き抜かれることもあります。

 

むち打ちのことなら当院におまかせください!

 

全力でサポートさせていただきます。