こんにちは、交通事故整骨院ピュア整骨院です。

 

交通事故での「ムチウチ」の症状についてお話しいたします。

 

交通事故で負う怪我の中でも、最も多いといわれる「ムチウチ」です。

 

ムチウチは、交通事故で追突されたときの衝撃で首が鞭のようにしなってしまい、首周辺の筋肉やじん帯などの軟部組織が損傷している状態です。

 

ムチウチになると、首の痛みや肩回りの痛み、頭痛など様々な症状があらわれます。

 

「ムチウチ」とは、具体的にどのような症状なのか?

 

ムチウチの症状として主に首の痛みが考えられます。

 

表面的な筋肉の痛みやその奥にある神経の痛みがあります。

 

また、場合によっては、骨と骨の間にある関節部分の痛みが出てくる場合もあります。

 

ムチウチは病院でレントゲンを撮っても、特に異常がないと言われることは多くあります。

 

このような場合、骨の異常を疑うのではなく、筋肉や神経からくる痛みを疑います。

 

また、交通事故の場合、ムチウチの痛みや体の違和感が後から出てくることがあります。

 

その理由としては、交通事故直後の体は興奮状態にあり、痛みに気づきにくいからです。

 

交通事故から数日の間は、体の状態を気に掛けることも大切です。