こんにちは、大分市ピュア整骨院です。

 

たかが「捻挫くらい・・・」と、決して軽く見ないでください。

 

「捻挫」を軽く見て、初期の手当てをおろそかにしないでください。

 

実は、むち打ち症を治りにくくしてしまっている原因の一つに「捻挫」を軽く考えてしまい、初期の大切な手当てをおろそかにしてしまうことが挙げられます。

 

むち打ち症は、5種類の分類に分けられ、その中で最も多いのが「頚椎捻挫型」と呼ばれるものです。

 

「捻挫」というと、足首や手首をちょっと捻ってしまっただけ…というようなイメージが強く、軽く見てしまいがちです。

 

しかし、この捻挫は、安静にしていないと、症状が悪化してしまいます。

 

これが、捻挫の怖い所です。

 

むち打ちの症状を甘く見ず、当院でしっかり治療を行っていきましょう。

 

全力でサポートさせて頂きます。