大分市にあるピュア整骨院です。

 

むち打ち症治療の「自由診療」と「保険診療」の違いについてお話しいたします。

 

「自由診療」と「保険診療」の違いを知っていますか?

 

本日は、「どのような治療を受けることが患者様にとって最善な選択であるのか」についてご説明していきたいと思います。

 

治療を受ける際に、どのような保険を使うのか、もしくは使わないのか、について考えてみましょう。

 

交通事故に遭い、医療機関で治療を受けた場合、治療費の支払いは、自由診療と保険診療とに分かれます。

 

交通事故に加害者がいて、加害者側の自賠責保険あるいは任意保険での治療を受ける場合は、自由診療での治療を受けることが可能です。

 

仕事中での事故であれば労災保険を使用することができます。

 

自損事故であっても、任意保険に加入していれば、自損事故保険、人身傷害保険が使えます。

 

健康保険で行える治療には限界があります。

 

「健康保険によって行うことのできる治療の範囲」

の保険診療を受けるには、検査や治療内容に関して細かい規定があり、その範囲の中で行わなければ保険が適用されません。

柔道整復師が行える後療法として、物理療法、運動療法、手技療法の三つがあります。

しかし、健康保険適応内での治療では、柔道整復師が取得している特殊な技術を提供することができません。

例えば患者様が、首の痛みを訴えた場合、保険診療ではその「患部」以外の部位を治療することはできなません。

自由診療か、保険診療かを選択するのは、患者様自身です。

 

「早期回復を目指すなら、自由診療が近道」

むち打ち症のような捻挫型のケガは、必ずしも痛みを感じる部位にだけ原因があるとは限りません。

加害者がいて、相手側の自賠責保険や任意保険で治療を行う場合は、迷わず自由診療を受けられることをおすすめします。

大切なのは、最適な治療を選択し、早期回復することです。

当院では、患者様にオーダーメイドの治療をご提供いたします。

 

交通事故に関することなら当院にお気軽にご相談ください。

 

全力でサポートさせて頂きます。