こんにちは、大分市ピュア整骨院です。

 

交通事故のむち打ちは、それほど治療期間がかかるものだとは思ってもいない方は多いのではないでしょうか?

 

もちろん、治療期間が短いものもあれば、治療に長い期間を要するものもあります。

 

どれだけ酷いダメージを負ったかによっても、その後のケアの仕方によっても、治療期間は変わってきます。

 

むち打ちの治療期間は、実は生活習慣も大いに関係しています。

 

むち打ちの症状には首から背中や肩にかけてのコリがあり、負担のかかるような生活をしていては、当然治療の期間は長引いてしまいます。

 

「首や背中、肩のコリの原因となる生活習慣」

・長時間の座り仕事

・パソコンやスマホを見る動作

・悪い姿勢

などがあります。

 

このような生活習慣の改善にも目を向けてみることも大切です。

 

できる範囲で患部の筋力を強化するのも、むち打ちの治療期間を短縮するのに効果的です。

 

むちうちの治療期間は数ヶ月と言う患者様もいれば、それ以上の期間を要する患者様もいらっしゃいます。

 

無理しない生活も大切なのですが、あまりにも患部の筋肉を使わなさすぎるのも良くありません。

 

今度は筋肉を低下させてしまうことで、むち打ちによる痛みを悪化させて、治療期間を長引かせてしまう原因にもなります。

 

無理なく適度に患部の筋肉を使うように心掛けましょう。

 

今回ご説明させて頂きましたが、むち打ちは、生活習慣によっても筋力の維持によっても、治療期間を短縮することが可能です。

 

当院の施術でも、少しでも早くむちうちの症状を回復するために全力を尽くさせて頂きます。

 

お気軽にご相談ください。